もてる女像の勘違いを卒業!賢い男はこんな女性を選ぶ

素敵なあの女性が何故いつまでも独身なのか?

どんなに婚活を頑張っていても、外見や内面を一所懸命に磨いてても、なかなか男性からお声がかからない女性っていますよね。

 

同性の私達から見ても、「なんであんなにモテそうな彼女がいつまでも未婚なの?」と、思ってしまうのですが、それには意外とシビアな男性の目線にワケがあったりするのです。

 

では、男性が結婚相手に選びたくなる女性って、具体的には、いったいどんな女性なのでしょうか?

 

 

身の丈にあった着こなしをすべし

人の第一印象は、見た目で決まります。

 

そのため、婚活中のアラフォー女性の中には、エイジングケアや大人の魅力全開のゴージャスなファッションを心が掛けている人もいることでしょう。

 

でもそれは一歩間違うと、せっかくの出会いを台無しにしてしまう危険が潜んでいます。

 

どんなにオシャレでも、ブランド物や高そうな宝飾品ばかりを身にまとっているような女性は、男性から”金のかかる女”だと敬遠されてしまいます。

 

逆に、ジーパンやチノパンにこざっぱりしたシャツ、シンプルで上品なワンピースなどをさわやかに品よく着こなしてる女性は好感度が高いです。

 

「高いものを身につけなくても、自分らしいおしゃれを楽しんでいて、それが似合っている女性に惹かれる」という男性の意見もあります。

 

 

男性が考える”料理上手”を勘違いする女性はNG

「もし彼女と結婚したら、毎日どんな生活になるのだろう?」男性はそんなことを考えながら女性を見ています。

 

それにうっすらとでも気づいている女性は、「私、今、お料理教室に通っているの。お教室では、かなり凝ったパーティー料理も作ったりしているんだよ」などと、料理上手な自分をアピールしてみたりします。

 

でも、男性はそんな言葉にだまされるほど甘くはありません。

 

彼らが求めているのは、豪華なフレンチなどの経済を度外視したおもてなし料理ではありません。

 

むしろ、お金や時間をかけなくても、冷蔵庫の余り物をかき集めてパッパと栄養バランスが良いお腹が満足出来るメニューを作ることが出来る女性なのです。

 

 

”良家のお嬢様”より、”一人暮らしが長い女性”

男性は、結婚すると家族を養わなくてはならないというプレッシャーがあります。

 

「自分の稼ぎの範疇で、奥さんが上手にやりくりしてくれそうか?」というところがとても気になってしまうのです。

 

そこで実家暮らしで何ひとつ苦労せずに生活しているような”お嬢様”は、自分とは経済観念や価値観が違うだろうと、敬遠されてしまうのです。

 

それよりも、おそらく自分より少ないであろうお給料をうまくやりくりして一人暮らしを頑張っている女性ならば、「安心して家を任せられそう」、「家事と仕事の両立が出来る女性として魅力的」という印象を持つようです。

 

 

女性が憧れる女性像と男性が憧れる女性像は違うことに注意しよう

いかがでしたか。

 

女性がよかれと思って男性の前で見せていた姿が、実は男性を敬遠させてしまう原因になっていた可能性がある・・・この男女のギャップという現実を踏まえた上で、素敵な出会いのチャンスをものにしましょう!